日々の事、犬の事、絵日記とか、たまに、ライブについて、とか、思いのままに書きたいと思います
三日坊主のつもりで始めた絵日記、いつの間にか、4年目に突入です
何卒、なにとぞ  りずむK

  • FEB
  • 3
  • 2017

「脳のオペ」から丸2年。〜「藁にすがりたい」想い。〜

...

脳のオペをやったのが、2015年の1月29日。

ペースメーカーを入れたのが、同年、2月3日。

丸2年が、経過した。

※ これで、やっと治る!と希望に満ちていた。

※ 10年間の苦しみが終わると思っていた。

丸2年、経過して何1つ治っていない。


 

できれば「病気であったコト」を忘れたい。

※ 病気を忘れる、ってコトは、それだけ「良くなった」というコトだ。

〜でも「違うコト」が、忘却の路線に乗っている。〜

① 10年以上前、眉の上を切って、眼輪筋を切断した。

※ 1年くらいは、効果があったけど、元に戻る。

② 3年ほど前に、ダメ元で、眉の下も切った。

※ 全く、効果なし。

③ 2年前、女子医大の平チームに出会い「脳」のオペ。頭部4箇所を切る&頭蓋骨に穴を開ける。

※ もぉ、これで最後だ!!と信じる。

※ もぉ、これ以上、無駄なオペはしない!と希望を持って挑む。

④ 脳のオペの1週間後に、ペースメーカーの埋め込みで、左右の胸部を切る。

※ よし、終わりだ、これで楽になる!!!と信じていた。

⑤ ペースメーカーの故障で、同年12月〜翌年5月にかけて、頭部と胸部を切ったり、縫ったりを繰り返す。

※ この頃から、盛んに「脳の凝固のオペ」を勧められる。

おでこに「ネジをギリギリ」とねじ込んで、頭に輪っかをはめて、頭部を切って、頭蓋骨を削るオペを、またやる?????

冗談じゃない!!!!

と、2016年(昨年)5月には、女子医大を逃げ出した。


 

⑥ 2016年7月、瞼の上下を切ってオペ。×2回 

※ 脳外科から逃げ出した私、

※ 方針を変えて、再度「目からアプローチ」

※ 「1回で終わるよ」と言われたのに、2回。

瞼の上と下を、2回づつ切って、なお全く効果、得られず。

※ 目は「開いててない」だけじゃなく、どんどん小さくなってる。

※ もぉ、本当に、サングラスなく、人前に出たくない。

 

 


 

「もぉ、これで絶対に最後!!!」と言ってから、何度、体や顔を切ったことか。

※ でも、何1つ治ってない。

※ 辛い、苦しい、痛い、悲しい。

ボトックスは打ってるけど、そもそも、ソレでしのげるのならば、オペはしない。

そうなると、やっぱり「浮上」してくるのが「ダメ元でも」という藁にもすがる想い。


 

〜 すがりたくなる「藁」〜 

藁① やっぱり「眼輪筋」を取ってしまいたい!

※ 何度も、何度もボトックスを打っても、ちっとも楽にならない。

※ 楽になったとして、持続するのは1週間か?という感じ。

※ 「毎月、ボトックスを打つ」という訳にもいかない。

毎月、打ったとしても「効果が出るのに1週間から10日」かかる。

そして「効いてきた」と思ったら「切れてくる」の繰り返し。

「仮に毎月打っても、楽なのは1週間か?」という所。それでは、とても、社会生活に復帰できない。

藁② 「凝固のオペ」やる?という気持ちが湧いてくる。

※ おでこにネジを「ギリギリ」とねじ込み、頭に輪っかをはめて、頭蓋骨をドリルで、ガンガン削るオペの恐怖は????

※ あれだけ「冗談じゃない!二度とやるもんか!!!」と思ったオペをやりたい気持ちになっている。

※ 女子医大には、二度と行く気はない。

※ 女子医大からの「転院」を考えていた時、友人が他の病院で、DBSや脳の凝固のオペをやっている所を調べてくれていた。

平チームは、あんなに勧めるなら「なぜ、最初に凝固のオペをしないで、DBS(ペースメーカー)をやったんだ????」という疑問はある。

※ でも、もう平チームと女子医大への、私の「信頼」は品切れ。

どうせ、すがるのは「藁」ならば、人によっては「成果を出している」凝固のオペ、やってみる?

という、想いが、ふつふつと湧いてくる。

 


 

「時間」ね。。。

10年間に「どれだけ切ったか?」

「何度、コレで最後だ!!!」と思ったか?

時間だけ、経過して「もう、これで、最後!!と誓った想い」とか「オペの恐怖」だけ忘れて、

すがるべき「藁」を、常に頭の中で模索している。


 

今日は「節分」なので、

今日のところは

「鬼は外」と「福は内」にすがってみようと思います。

りずむK

エス
2年前

脳のオペ検討してしまう程追い詰められてるのですね。本当に辛い病気ですから藁をもすがりたくなる気持ちすごく分かりますし同じです。 お互いすがっちゃいましょう~