日々の事、犬の事、絵日記とか、たまに、ライブについて、とか、思いのままに書きたいと思います
三日坊主のつもりで始めた絵日記、いつの間にか、4年目に突入です
何卒、なにとぞ  りずむK

  • MAY
  • 25
  • 2016

5月25日「裏観察」〜今、考えたくない悪い予感〜

...

 

全て抜去したオペからちょうど2週間。

今、考えたくない、悪い予感。

(悪い予感ばっかり当たる2016年)

一昨日、抜糸をした時の先生たち

「傷はキレイですね」「うんキレイだ」とお互いの仕事を褒めあう。(むしろ、お互いを大絶賛)(怒)

今日までで、この先生たちの「傷はキレイ」とかは、一切、当てにならない事は、解っている。

頭頂部の3箇所の傷は「キレイ」と言えると思う。↓↓↓

※「カサブタ」程度になっていて、痛みも「傷が引きつれる」程度。

頭頂部の3箇所は、こんな感じで
「カサブタ」だし、
「キレイ」と言ってもいいと思う。


 

考えたくないのは、自分では見れない「耳の後ろ」(写真も、うまく撮れない)

※ 手で触ると、いつも、なんとなく、「ジメッ」っとしてる。(液体?)

※ 傷の周辺が、プクッとしている、感触。

※ プクッとしてる所を触ると、傷の痛みじゃない、痛み。

はぁ〜。。。考えたくない。耳の後ろの傷。↓↓↓

傷を写せない。
オペから2週間、抜糸をしても
「ジメー」っとしてる、耳の後ろの傷。


 

ちなみに、右の胸の傷は「キレイさっぱり」です。(2回しか切ってない)

※ 右が、つい2週間前の傷(右胸)

※ 左は、2ヶ月以上前の、3月始めの傷(左胸)

※ この左胸の傷を「キレイ、キレイ」と褒め合ってる先生の言う事は信じられない。

何回も切ったから、汚い!!!! (左)

「キレイ」とは、この事じゃないの? (右)

左が、2ヶ月前の傷 (二ヶ月も経つのに汚い)
右が、2週間前の傷 (キレイさっぱり)


 

今、心配なのは、左耳の後ろの傷だけだなぁ。

まだ、2週間だし、治ってくれ。

バイキン感染とかなく、頑張ってくれ。

りずむK

Rhythm K.
Owner
2年前

思えば、耳の後ろは、左胸と同様、何回も切ってる。5回?6回?

Rhythm K.
Owner
2年前

それを、思うと、傷がくっつきにくい、のは普通だよね? まだ、2週間だし。大丈夫。大丈夫。 

村瀬真弓
2年前

頑張れ!耳の後ろ♪てか、りずむの再生力↗↗

Rhythm K.
Owner
2年前

まんちゃん、ありがと。頑張ってください。耳の後ろの再生力と バイキン退治力 www

void
2年前

こんにちは!ジョボジョリアンアン先生。 実はVoidも難病があり今は完治しているらしい…(右手の握力が左手の半分位しかないのに)。 当時は病名がなく「筋ジストロフィーやALSの疑いがある」とか言われ不安過ぎて10代を棒に振りました、、。 病名を特定したDr.平山氏の「平山病」を研究している医者からは「頸椎を削れ」とか言われ…自分の直感(頸椎削ったらヤバイでしょ⁈進化論的に)に従い削るのは止めました。 (腰痛の知人がいて腰椎を削られてさらに悪化した例があったので) 数年前に半年の予約期間を経て病名命名者のDr.平山に診断して戴いたのですが…その結果が「Voidさんは完治してます」(ぜんぜん完治していないのに)で。 お陰様で10代半ばから「病」を探る旅をしていて「アレキサンダーやロルフィングや整体やカルマや釈迦やスピリチュアリズムやヨガや菜食や肉食、ビタミン、クエン酸やら、ホメオパシー・占い、心霊・漢方・魔術」等の知識だけは増えましたね。笑 しかし役に立ちませんねーー。的確なアドバイスをしてくれた方は居ません!! 実験手術に際しても〝自己責任〟みたいな誓約書を書かされますし。 全医師は利権や名誉栄誉等の虚栄心・利権!利権!!を排して “ヒポクラテスの誓い” を実践してもらいたいものです。 (善意からの全治の確信を持った勉強不足ではない利権絡みではない医師の研究は認めます) 最終的には「自分の直感(人を見観る眼)」が大切で人の言う事はあてにならないと…実感。 長文になってしまいましたが、、スミマセンでした。

void
2年前

医療倫理の根幹で世界中の西洋医学教育において現代に至るまで語り継がれている、北米のほぼ全ての医学校の卒業式に誓われている「ヒポクラテスの誓い」の3番目、 〝自身の能力と判断に従って、患者に利すると思う治療法を選択し、害と知る治療法を決して選択しない。〟 「ヒポクラテスの誓い」最後の文言 〝この誓いを守り続ける限り、私は人生と医術とを享受し、全ての人から尊敬されるであろう!
しかし、万が一、この誓いを破る時、私はその反対の運命を賜るだろう。」

void
2年前

タップダンスは体幹・腸腰筋の強化の為に練習をしていました…だいぶタップダンスは詳しいと思っていましたが足首を使わない腰からの動きは衝撃的な出会いです。ありがとうございます。