日々の事、犬の事、絵日記とか、たまに、ライブについて、とか、思いのままに書きたいと思います
三日坊主のつもりで始めた絵日記、いつの間にか、4年目に突入です
何卒、なにとぞ  りずむK

  • JUN
  • 8
  • 2016

「役者」って凄い〜その②〜 

...

 

なぜ、急にキスケの事を書いたか?

一言では、えーっと、、名前なんだっけ、、名前(←ググるw)

菅田将暉←ググるのに時間かかったし、コピペしたら、字がでかい。www

菅田将暉すごい!!!!

と思う。

初めて見た時

「うわぁ、ぼっさぼさ」の一言で、「人をこんなに惹きつけられる人凄いなぁ」と思った。


 

その後、すぐ「グラぶってる?」CMで、いっぱい見て、やっぱり、物凄い「魅力」というか、「引力」を持っている。

と思った。


 

話題のauの「3太郎」シリーズを「何とも」思わなかった私。

※ ソフトバンクに対抗して「シュールなシチュエーション」なだけ?とか。

※ 強いて言えば「ケヅメ陸亀」は気になる(←飼ってたから)とか

※ 「シュールにすれば、いいってもんじゃないよなぁ」とか

特に面白いとは、思わなかった。

「全く、面白くない。むしろ、つまんない」と思ってたのが、「鬼ちゃん」が出てきた瞬間から、変わった。

鬼ちゃん。


 

「鬼ちゃん」が登場した瞬間から、「3太郎の世界」が急に「現実味」が出てしまった。

15秒とか30秒の中で、「人を魅了し、尚且つ、その世界感を出す」って凄い。

ただ「シュール」なだけじゃなく、「3太郎の世界」が現実の物語として、動き始めた感じ。 

しかも、私はその「鬼ちゃん」が、「頭、ぼっさぼさ」の人と、同一人物である事に気づくまで、数ヶ月かかった。


 

あんまり目が見えないし、ドラマとか1回見て、辞める事が多い私。

今、フジテレビでやってる「ラブソング」の1回目を見た。

※ 「あぁ、それかぁ。。」と思う。

※ 「なんらか?」の理由で、「やさぐれてる人」が二人いて、その二人が出会う事で、二人とも「本来の自分」を取り戻す感じ。

※ 「やさぐれてる」所(病んでる所)、面倒くさいから、しばらくしてからでいいや。

※ ストーリー的に読めるから「だいたい出来上がってから見よう」と

※ 1回目の後、先週、8回目?見た。

※ 「だいたい、出来上がってた」w

〜 そこでの「菅田将暉」!!!!〜

※ 彼がいるだけで、「ありきたりの芝居」が「真実味」を帯びる。

※ 話はやっぱり「ありきたり」だけど、それを「信じさせる」魅力と力。

※ 「芝居をしない芝居」みたいなヤツ← 私、解ってない人だけど

※ 2話〜7話まで、見なかった人間に、説明なしに「誰と誰が何があって」「そこに、どんな感情があるのか」を伝えられてしまう。

とか、凄くないですか?

改めて「役者」って何?

「役者」凄くない?と思ったのでした。

おしまい。。。。

りずむK (ただ「菅田将暉が好き」を言うが為に、ブログを2個も書いて、ダラダラした人)