日々の事、犬の事、絵日記とか、たまに、ライブについて、とか、思いのままに書きたいと思います
三日坊主のつもりで始めた絵日記、いつの間にか、4年目に突入です
何卒、なにとぞ  りずむK

  • AUG
  • 20
  • 2016

「治るかもしれない」という、複雑な心理。

...

少しも、無理してない、今。


 

実は、この1週間くらいの間に「目が治るかもしれない」と何度か思った。

※ 2回目のオペからも、明日で1ヶ月。

※ この1週間、「アレ?目が楽に開いてる」と気づくコトがしばしば。

※ 頑張らないで、目が開いてるだけじゃなく、継続して数時間、目のコトを忘れるコトもしばしば。

※ 「希望的観測」はやめたいけど、某外科の先生が言ったみたいに「外科のオペの成果は、4〜5ヶ月」は様子を見る、が正解なのかもしれない。 (まだ、うまくいったとか、行かないとか、決めつけない)

 


 

目が治る、治らないは、さておき。←まさかの「世界はコレ中心に回ってる」だった、案件をさておく。

「治るかもしれない」と思い始めた時から、すごい恐怖心が、、、。

※ すっかり怠けた2年間&もうすぐ44歳。

※ また、働くのか、、?という恐怖。

※ 「何度でも、立ち上がれるか?」と言ったらそうでもない。




 

〜これまでのゾンビの如く「転んでは起き上がった」件〜

1、29歳〜30歳 卵巣癌&抗がん治療

※ 抗がん治療の後、家から駅までの10分間の徒歩だけでヘトヘト。

※ 卵巣をとったから、生理がとまって、更年期障害の症状も出る。

※ 全身の免疫を抗がん剤で殺しただけでなく、全身の筋力も衰えまくり。

※ でも、若かったから、元気いっぱい、やる気満々。

※ ガンをきっかけに帰国したから「これから日本でやるぞ!!!」という気迫もあった。

※ ジムに通い、せっせと食べ、ガシガシ練習して、バンド活動も始めた。


 

2、33歳〜34歳あたり、腰痛に倒れる。

※ 「腰痛」=「うつ病」のサインの1つ、と気づいてなかった。

※ 「ぎっくり腰」くらい、プレッシャーだらけの世の中、誰だってある。

※ でも「ぎっくり腰の恐怖」を抱えながら、舞台に立つのを繰り返した挙句、恐怖に負けて「休業」へ。(逃げた)

※ 「休業」したら、ぎっくり腰は悪化(「ぎっくり腰のセオリー通り」)

※ 腰が悪くなるばかりか、呼吸が苦しくなる(息ができなくなる→パニック→パニック障害)とか、首に激痛とか、色々と発症。

※ 1年くらいかけて「腰痛のシステム」を学び、克服。→復帰

まだ、やる気あったので、気合で復活。

※ もう「ぎっくり腰」にならない訳じゃないけど、システムを理解したから、恐れてない。

 


 

3、眼瞼痙攣の発症

※ 腰痛で休んでいる間に、突如「目の痙攣」が始まった。

※ 色々、発症していたので「ウツのサインの1つ」と勝手に思っていた。

※ 目がしょぼしょぼして、勝手に「ギュッギュッ」って強くつぶる(例→ 石原慎太郎)

※ 眼科を渡り歩くコトも始める。


 

4、36歳辺りから、完全な「うつ病」に突入

※ 最初、不眠症。

※ 次に、食べても、食べても、体重が減り始める。

※ リハが辛い、仕事が辛い、けど、まだ笑ってる。

※ 何が起きてるのか?解らない。

※ 第一回目の「東京タップフェスティバル」に出演。

※ 今、写真を見ると、笑ってるのが不思議。

※ 舞台に立つのが、怖かったのは覚えている。

※ 他の出演者とも、ほとんど会話できず、。

※ そのフェスティバルの後は、リハをしても、振り付けを覚えられない。

※ 何回やっても、覚えられない。

※ 周囲に謝り続ける日々。

※ 全ての予定をキャンセルする決意。(逃げた)


 

5、「完全なる、うつ病トンネルの中」

※ そこから1年は、何もできない「真っ暗闇のトンネル」

※ 食べれない、眠れない、笑えない、泣けない。

※ ただただ「死にたい」と思う。

※ カウンセリングを受けながら、日課の「犬の散歩(久)」だけを、続ける。

※ もっと「日課」があれば良かったけど、仕事以外、完全に無趣味。

※ 「地獄」とは、このコト。

※ ある日、突然「トンネル」から抜け出した。

笑える、泣ける、食べれる、生きてる。


 

6、「働く」コトへの意欲を示す。

※ ずっと、仕事が趣味だったから、やっぱ、働きたいと思う。

※ バイトを探す。

※ まだ、ショービジネスに戻ろうとは思わない。 

※ 和食の店で働く。(38歳〜40歳)

※ バイトは楽しかった。

※ 働く喜びがある。

※ 多分「バイトだから」毎日、怒られても、平気。

※ でも、結局、一生懸命、働く。←ゼロか百の人。

※ 2年間、働いた。

※ 「コレでいいじゃん」と思う。(楽しいし、楽だし、ちゃんと稼げるし。)

※ honest living (まっとうな生き方?)とはこういうのじゃないか?と思う。

※ でも、周囲の応援もあり「週に1回のクラス」のみ復活。


 

7、本業への復帰。(39歳くらい)

※ 週1回のクラスをしばらく続ける。(バイトも継続中)

※ 3年間、1回もタップシューズを履かなかったので、生徒さんと、一緒に「基礎練習」をしてる感じ。(リハビリ)

※ そもそも、腰痛(云々)辺りから「練習しない人」だった。

※ だいたい、本番とリハ1回くらいしか、しなくなってた。

※ 故に、ただでさえ「加齢」と共に「技術」は衰えるのに、もともと「たいした技術なし」

※ 徐々に、友達のライブの「ゲスト出演」に声をかけてもらう。

※ 舞台に立つと、やっぱ「楽しい」と思ってしまう。

※ ショービジネスへの「欲」が出はじめる。


 

8、本格的に復活

※ 欲が出はじめた、私。

※ やっぱり「自分のライブ」をやりたくなる。

※ 「企画」

※ 「制作」

※ 「練習」

※ 「リハ」

※ 「人間関係」

※ 取り戻すコト、山積。


 

9、本格的に復帰から、1年〜2年の失敗。

※ 3年間のブランクの後のライブから学んだコト。

※ 「ボケてる!!!!!」

※ そもそも、怠けていた「技術」はおいといて、

※ プロデュースの感覚がボケてる。

(人選、方向性、ブレてはいけない「芯」がブレてる)

※ ライブ(生)の半分は、インプロ(即興)

※ ライブ(生)の半分以上は、お客さんとの対話。

※ なのに?「パフォーマーとしての感覚(俊敏な判断、お客さんに伝えるパワー)諸々、ボケてる!!!!

※ 「そこは、リハビリ期間」と思うとしましょう。

じゃあ、「本番でリハビリしていいのか?!!!」(ダメです)


 

10、じゃあ、コレからどうする?

※ 目が治ったとして、また始めるとする。

※ 絶対に私は、また諸々「ボケてる」

※ 前に色んな人に「りずむちゃん、そんなコトまで自分でやらないで、若い人にやらせなよ」と、沢山、言われた。

※ 確かに、全部、自分でやると、精神的な疲労は激しい。

※ でも、企画、制作、雑用を全部自分でやる、メリットもある。

※ 「見える」んです。

※ どんな、お客さんが来たか?(義理で来たとか、付き合いで来たとか)

※ なんでもいいから、ライブに来てくれたら良い。

※ そして「リピーターになってくれれば」の話です

※ 以前の「復活ライブ」の時、そして、今回も「復活した場合」、予想がつくコト。

※ 「復活ライブ」はご祝儀相場。(心配しなくても、人が来る)

※ 普段は来ない人も来る。初めてタップ見る人も来る。

※ だから「ご祝儀」とかでなく、むしろ「絶対に良いクオリティーじゃないとダメ」なんです。

※ なぜなら、過去の「復活ライブ」から見えてるコトは、「リハビリライブ」で、初めて、私のパフォーマンスや、初めてタップを見た人は、2度目は来ていない!!!

※ だから「絶対に、リハビリライブ」は見せちゃダメなんです。

※ じゃあ、こっそり、ジャムセッション通い(人前で踊る練習)とか、ちょこちょこ「ゲスト出演」して、「1曲、入魂」を重ねるとか、、、、、とか、、、とか、、、、

 

 


 

そういうコトです。

目が治って、また立ち上がるとは、そういうコトです。

そして、ソレをやり始める頃の私は、多分45歳くらい。

(そして、その頃、やってくるであろう、更年期障害、、)

そうでなくても、舞台に立つのは、いつでも怖い。

25年やって、尚、まだ、

「ここで、頭、真っ白!!!」っていうのやりますか??

というくらい、しょっちゅうやる。←あがり症。

ソレを、もう1回、1からやり直す、気力があるだろうか?

気力があれば、体力はついてくる。(と、思う)

あれだけ、

「目が治れば、なんでもいい!!!」

「できないコトをひがまないで、できるコトに感謝する!!」

と、思い続けてきたんだから、

今のうちに、他にできるコト、やりたいコトを探そうかな?と思ったりする。

「治るかもしれない」と、思い始めた途端、湧いてきたのは「希望」じゃなくて「不安」だった。

つくづく、私は、強欲で贅沢だ。

根性なし、りずむK。

(そんなに、何度も立ち上がれない、、)

 

 

はな
6年前

Kさん 今 自分の知る限りのKさんは全然根性なしじゃないですよ 凄く頑張ってますよ ♪ 出来ない事は出来ない 今出来る事に感謝する その考え 少し分けてもらいたいくらいです 汗^^ 治るかもしれないのに不安というのもなんか分かるような気もします。 でも、眼が治れば、きっと視野も広がってきますよ ♪ 自分も波があるので調子が良い時もありますし  そんな時 治ったのと違うか~ ♪ ルンルン状態 とにかく、治るように 治りますビーム光線 出しておきます(自分自身にも ちょっと^^ すいません) ファイト Kさん ♪♪♪

じゅん
6年前

大変なご苦労されてたのですね〜。 これ以上何も起きませんようにと願うばかりです。 とにかく早く治りますように。(>_<) 根性無しでは絶対ないです!応援してますよ!

Suzie
6年前

すごい文才&センスに感心しています。 内容が深刻な時もサバサバしていて、惹き込まれ ます。 本が出来そうですね~。 これからもブログ、楽しみにしています!

ようこ
6年前

これからも、ずーと 応援してます。

Rhythm K.
Owner
6年前

はなさんん、じゅんさん ようこさん、 応援ありがとうございます!!! 七転び、八回起き上がらず、ゴロン、、、とかしてるかもしれませんが 人生まだまだ、先が長いので、ゴロンとしたい時は、とことん、やってみようと思います。w  りずむKより 

Rhythm K.
Owner
6年前

Suzieさん、 すごい、嬉しいです。 何は、おいても「伝える」ことが一番。 ライブやっても、「今日、伝わらなかったなぁ、、」という日は 悔しさ満載です。  ショービジネスの人間である限り、 楽しんでもらえる、 伝える、 伝わった、 お客さんに喜んでもらえた!!!、、という時が 最高に嬉しいです。、