日々の事、犬の事、絵日記とか、たまに、ライブについて、とか、思いのままに書きたいと思います
三日坊主のつもりで始めた絵日記、いつの間にか、4年目に突入です
何卒、なにとぞ  りずむK

  • JUN
  • 4
  • 2015

「観てよぅ!!!」(涙)

ソフィスティケイテッド レディース...

この前ね、「ポンコツ生徒」さんと、家で、ジャズの説明になった時、

タップもバレエもジャズダンスもヒップホップもやっている生徒さんだから、

「興味が湧く絵」が有ったほうが、いいかな?とユーチューブを沢山、観ながら説明。

かつて、Sofisticated  Ladies (ソフィスティケイテッド レディース)という凄まじい、ブロードウェイショーが有りました。

全曲、デュークエリントン&演奏 エリントン楽団 & 指揮 デュークエリントン(の、息子?かも)です。

私が、ダンスを始める前で、私は、このビデオが擦り切れるまで、観ていました。

今、見返しても、凄いショーです。

歌とか、ダンスとか、タップとか、よりも、、、

むしろ「華」のみ。「華」しかない。「華だらけ!!!」


 

 

私より、上の世代の先生方はみんな、これに憧れて作品を創っていたし、今も創っているにちがいない!!!と今、改めて観ても思います。

※ 違ったら、ごめんなさい。

私も、今この映像を観ると、「あれ?この振り付けやったわぁ!!!」と思う所がいっぱいあります。

※ 本当に、違ったら、ごめんなさい。

でも、例えば、タップインの加藤先生の作品、東京リズムボーイスのデュオの作品、

私の師匠の冨田かおる先生の作品、同じく師匠の玉野先生の作品、、

絶対、

「このショーをイメージしてるな」と思う所、

「このショーに影響を受けた」と思う所、

「このショーへの憧れが詰まってるな」と思う所、いっぱいあります。 

その、振り付けをもらった時に、踊る人が、同じイメージ持ってないと、だめなのぉ!!!

だから、「観てよぅううううう!!!!」という心の叫び。

(私、関係ないけど、暇だから、そういう事、考えるのかなぁ?)


 

ちなみに、私が去年、台湾の子供の振り付けにチャールストンを入れた時、

子供達が「え?チャールストン?見たことない!!!」と、言うから、

いくら「use your imagination !!! 想像力を使って!!!」と言っても、

見たこと、無インじゃしょーがないなぁ、、、と、見せたのが これ!!!

(ソフィスティケイテッド レディースの スウィングダンス(リンディーホップ))

ちょっと、観ただけで、だいぶ、子供達、変わりました。

※ 一夜漬けだから、「本当にチャールストンを掴んだか?」と言えば、そうでないけど。

観るのと、観ないとでは、大違い。

いやーーー、、観て欲しい!!!っす。

その人の作品に出るなら、

「その創る人が想い描いてる世界」観て欲しい、っす。

(暇な老婆心)りずむK