日々の事、犬の事、絵日記とか、たまに、ライブについて、とか、思いのままに書きたいと思います
三日坊主のつもりで始めた絵日記、いつの間にか、4年目に突入です
何卒、なにとぞ  りずむK

  • MAY
  • 20
  • 2022

「阿武町は被害者なのか?」という問題〜ミステリー「シンプルプラン」が実話になったね?〜

...

今、こそ読むべし!!!


 

私が、渡米してすぐに、たまたま、本屋に進められて読んだこの一冊。

「シンプルプラン」。

スティーブンキングも絶賛する、ミステリー作家の処女作です。

私を知ってる人は、「りずむ、また、この本の話してるよ?」と思うかもしれませんが、

今、「町が、誤送金した事で、4000万円、使ってしまった人(容疑者)と事件」が議論されてるじゃないですか?


 

その議論のポイントは、まさに「コレ」です!!! 

★ 「町の、誤送金が、犯罪を誘発させたんじゃないか?」

※ 誤送金がなければ、何事もなく、平穏に暮らしてたかもしれない青年の目の前に「犯罪を誘発する」モノが、置かれたのでは? (挑発、誘発)

※  このポイントが指摘され、認められた場合、起訴が取り消されたり、無罪や、情状酌量の余地が大きくなるそうです。


 

一方、本書「シンプルプラン」の物語は、こんな感じ。

★一歩間違えれば人はみな狂った道を転がり落ちるという恐怖を
とことん味わわせてくれる。
犯罪小説の金字塔。一度は読むべき絶対的名作!
(池上冬樹、文芸評論家)

★手を汚し、罪を重ね、堕ちて堕ちて堕ち続ける。
誰の内にもある人間の愚かしさと恐ろしさを
これほどシンプルな構成で深く生々しく残酷に掘り下げた、
一瞬も目が離せないほど強烈な小説は他にない。
(宇田川拓也、ときわ書房本店)

 


 

〜あらすじ〜

ある雪の日の夕方、借金を苦にして自殺した両親の墓参りに向かうため、ハンク・ミッチェルは兄とその友人とともに町はずれの道を車で走っていた。

途中ひょんなことから、彼らは小型飛行機の残骸とパイロットの死体に出くわす。そこには、440万ドルの現金が詰まった袋が隠されていた。

何も危険がなく誰にも害が及ばないことを自らに納得させ、3人はその金を保管し、いずれ自分たちで分けるためのごくシンプルな計画をたてた。だがその時から、ハンクの悪夢ははじまっていたのだった。

 

➡︎➡︎➡︎ 「ただ、お金を拾ってしまった」だけに、

「ただ、拾ったお金を3人で分ける」だけの計画をたてただけに、

1つ、1つ、一歩一歩、どんどん、人生が違う方向に転がっていく物語。

スティーブン・キングが絶賛した天性のストーリー・テラー、衝撃のデビュー作。


 

「被害者は阿武町でしょうか?」⬅︎そもそもの過失はここ。

「田口容疑者も、また、被害者じゃないでしょうか?」

という議論を合わせて、この本を読むと、

さらに、面白いと思います。

この事件を議論する上でも、ぜひ。

りずむK


 

「シンプルプラン」⬇︎⬇︎

https://www.amazon.co.jp/シンプル・プラン-海外文庫-スコット・B-スミス/dp/4594082114

  • MAY
  • 20
  • 2022

裏観察5)「山田整形」でインソール作るよ。〜「骨しか見ない」整形外科の必要悪〜

...

 

モートン病➡︎インソール➡︎横浜で検索。

家のまん前の「山田整形」が「インソール外来」なるものをやっていた。

基本的に「整形外科」とか「整骨院」とか行くと「骨を診て、人を見ず」が多い。(経験上ね)

「レントゲン撮って、骨の話しして、お大事にと言うだけ」が多いから、そんな所に行く気なし。

でも、なぜ「山田さん」にきたのか?というと、サイトで「インソール療法」を高らかにうたっていたので、何かしら、できそう!?と思ったからです。

※ 体を切ったりせず、体を痛めずに、何かしらできそう、、


 

「山田整形」

1)朝から、多くの、高齢者で賑わう。

※ 病院というものは、朝から高齢者で賑わうものだけれど、

※ とりわけ「整形」という分野のせいか、むしろ、老人しかいません。

2)「リハビリ」に通う人々。

※ リハビリに通う、ご高齢が、ひっきりなしに出入りして

※ みんな、300円くらい払って帰る。(全員、330円です、みたいな)

3)「初診」はレアで、院長が暇。 

※ 「待つのかな〜?」と思うと、院長は暇なので、すぐ診察。

※ 院長は「脚を見せて」というものの、人の話を聞かず、レントゲン撮りたがる。

※ レントゲン撮ったらとったで、「骨の話」しかしない。

※ 「米粒くらいの、小さい骨の変形とかの粗探し」して「ここが減ってるから扁平になりやすい可能性が、、、うんぬん。」等々。

ここまでは「整骨あるある」の「必要悪」と思って我慢。

院長「インソールだっけ? まぁ、やってもいいけどね」

りずむ「はい、骨をいじる気はないし、脚を切ったりもしないです。基本、オペはしません」

院長「あぁ、そう、まぁ、そうね、インソールやってもいいし、モートン病と言えなくもないかもしれない。」⬅︎骨の話しか興味なし。

院長 「どっちにする?」➡︎ 写真 

りずむ心の声「その説明で、わかるかーぃ!!!」

※ 院長は、とにかく、骨の話しかしないから、インソールはまた、別の人の仕事になるから興味なし、という感じです。

写真)どっちのソールにする?という説明らしき紙が2枚。



 

⬆︎ これ診て、「さぁ、どっち?」って言われても、解らないだろうが?

1)理学療法士が作る、インソール(自費です)

※ 「早くできるからこっちにしたら?」と言われた。

※  2回通って、3回目に「お渡し」です。

理学療法士によると、、、

1回目)「いつも履いてる靴」または「履きたい靴」をもってきて、インソールをいれてみて、リハビリ室を歩く➡︎調整➡︎歩く➡︎調整、を1時間ほど繰り返す。

※ 私のスニーカーと、タップシューズを預けて帰る。(履きたいモノ)

2回目)1回目同様に、調整したインソールで、歩くと調整を繰り返す。

3回目)「ほぼ完成」したモノをはいて、最終調整して、お渡し。

自費で一足、12,000円。二足目から半額。です。 


 

2)義肢装具士さんのインソール(保険対応)

※ 「時間がかかるから、こっちはやめたら?」とか、院長と看護師が言ったけど、そう言う問題じゃない。

※ 義肢装具士が「水曜日」しか来ないので「要予約」。

1回目)測定とか、型取りとか。

2回目)試し履きとか、

3回目)さらに、ためしばきとか、

4回目)お渡し

こちらは、2万円くらいを、一旦自費で支払って、後に、その人のステイタスに合わせて「保険料」が返ってきますという形。

結果、どちらのインソールも1万円前後という感じです。 


 

「インソール療法を試したいけど、そんなに簡単に行かないだろうし、とにかく、作って試して、歩いてみるしかない!!!」

と思ってる私に、

看護師と院長は、私を苛立たせる天才だった。

イラッと1)一個でうまくいったら良くない?とか言う。 

※ 2種類作らないでも、一個作って、うまくいっちゃったらいいじゃない?とか言ってくる。(お気軽に)

※ 「技師さんは時間かかるから今度にしたら?」とか、⬅︎時間かかるからこそ、早く、作成にとりかかるんじゃないの??????

イラッと2)「歩きメインですか?ダンスメイン?何で作る?」とか

※ まず、体重を乗せただけで痛いのに「何メイン」でもない

「日常生活」もちゃんとできないくらい、足の裏に体重を乗せられない状態。

「痛い部分を保護」する方法を考えてるのに、

「歩きメインか?ダンスメインか?」とか「長距離か?短距離か?」とか聞いてくる二人の質問に、

「すみません、あなたは?バカメインですか?」と聞き返したくなった。(我慢) 

その後、この看護師と院長は、私が「何が困って、何を保護して、どういう目的でインソールを作ろうとしてるか?」「今まで、何が良かったか?」とか話そうと思ったけど、一個も聞く気がなさそうだったので、話すの辞めた。

※、っていうか「聞く気ないなら、質問するの辞めて?」って話だ。


 

まぁ、いいです。

今後、関わるのは、理学療法士のインソールの人と、外から来る、義肢装具士さんだけだから。 

「骨の話だけ」した人たちは、おいときましょう。

「整体」の必要悪、疲れた。、、、

(ってか、本当に、必要ですか?この「悪」。。)

バカメイン、すぎて、驚く。

骨だけみてる人、心なし。

りずむK 

追記)私がちゃんと通えば、 

理学療法士の方は、6月頭、

義肢装具士の方は、6月末あたりに完成予定です。  


 

追記2)

こういうの貼ってる病院は、
もっと多角的に、モノと患者をみれそうだけどね、、、
(それは、他の医師の担当です、、ってことかな?)

こういうの貼ってる病院は、
もっと多角的に、モノと患者をみれそうだけどね、、、
(それは、他の医師の担当です、、ってことかな?)

  • MAY
  • 14
  • 2022

婚活タップ杯39「今、私に、みんなに届けたい歌」〜彩り〜(Mr.Children )

...

今日は ひとりでーす。


 

私は、これだけを、32年くらいずっとやってきた。

ものすごい地味で、ものすごい退屈で、ものすごい単純な事の繰り返し。

馬鹿馬鹿しい事のように思える。

この、ただただ「ステップとヒール」だけのステップを、ただただ、何年も何年も繰り返して、

タップの靴の底の鉄が薄くなって割れたり、

足の底の骨が折れたりもした。 

誰の、仕事もそうなのかもしれない。

単純で、退屈で、地味で、何の役にもたたなそう。

だけど「こう有りたい」と信じて、

その単純な作業をつづけてる。


 

〜彩り〜(Mr.Children) 

「なんてことのない作業が、この世界を回り回って、

どこの誰かも知らない人の、笑い声を作って行く、

そんな些細な生きがいが、日常に彩りを加える、

モノクロの僕の毎日に、増やして行く 赤、黄色、緑。」

きっと、そうだよ。

きっと、そうに違いないと、信じて生きていこうよ。

みんなで。


 

問題は、私の足に、まだ「説得力」があるのか?笑

NYの時の、ディレクターにも、マスターのじいさんたちにもいつも、

「りずむよ!コンビクショーン!!!!」(りずむ、説得力だ!!!)と言われてた。

私の、足にまだ、説得力があるのだろうか? 

今日は、どうしても、コレがやりたかったので、なんと「ひとり」です。笑

一人でも、何ができなくなっても、「表現」は続けていきたい。

りずむK


 

動画)「彩り」

〜君の単純作業が、誰かの笑顔を作ってるよ、きっと。〜


  • MAY
  • 13
  • 2022

裏観察4)モートン病とインソールの作成と。

...

 

「モートン病」。

友人A)「痛風じゃない?だいじょうぶ?」

りずむ)「あ、絶対違うよ、ありがとう」


 

割と、医者は、症状や病気に「名前」をつけて終わったりする事も多いけど、

1)症状に名前をつけても治らない

2)医者が名前をつけたから、と言っても信じる私でもない

ただ、今回の場合は、私の症状を検索したら、あまりにも100%自分が「コレだ」と納得する症状の名前が「モートン病」だっただけです。

名前が分かると、調べようもあるし、この5年間、自分でもスニーカーやインソールで対処してきたけれど、その対処の枠を急激に超える痛みが出て来たので、更に何か対策を考えています。 


 

4月28日の、朝のタップの後、今までと違うレベルの痛みにジャンプアップした、足の裏の症状

〜モートン病の痛みの出方〜

1)「コンスタント」でもない。

常に痛いわけじゃなく、痛風のように風が吹いても痛くない。

つま先の「神経」の圧迫で、指の関節に「びきっ!」という痛みが走るので、体重を乗せれなければ何でもない。

2)治ってないけど、治ったりする。

※ 「全然無理!」という状態の日もあれば

※「今日、行ける!」という時もある。

※ でも「今日行ける」と思っても、歩いてたら突然「あ、ダメだ」となったりもする。

ここです。
足裏のココを圧迫すると、
指の関節に、痛みが走る。 


 

〜対処法〜

1)過去5年はアトランティックスターズ

※ それ以前は、いろいろな靴を履けていた。

※ 5年くらい前から、この靴じゃないと歩けない、となった。

2)インソールだけじゃダメ

※ アトランティックのインソールを、他の靴に入れたら、歩けるか?と思って、他のスニーカーや、ブーツなどいろいろ試したけれど、

アトランティックの「外」と「中身」で一体になった状態が、モートンの箇所を多少なりとも「保護」できてたみたいで、他の靴ではやはりダメだった。



 

それでも、この2週間前からの痛みは「スニーカーで対処」というレベルじゃおさまらなくなってしまったので

新たにする事は、、、

まず、病院を探すよりは、

家の目の前の、整骨院で「オーダーメイドのインソール」を作ってるところがあったので、

それは、作ってみて、歩いて見るしかないので、やって損がないからやってみます。 ⬅︎足を切ったりとか、人体にとりあえずリスクが無いという意味です。 


 

それにしても、先日「モートン病かい?」と思って、ブログを公開してから、「タップダンサーのモートン仲間」の多さに驚いた。

そりゃそうだね。

「ハイヒールはいたりする人が多くなる」とか書いてあったけれど、

「ハイヒールはいて、毎日8時間歩く人はそんなにいない」だろうけど、

タップは、、、わざわざ、つま先立ちになって、トゥ(つま先)に全体重を乗せた上で、ピョンピョンしたり、その箇所を地面に打ちつけたりし続ける。

若かりし、頃は、タップシューズの鉄が、摩耗して、ペラペラに薄くなって割れたりしてたくらいだから、

⬆︎ 真面目に練習熱心だった、若い頃ね(笑)

※ 所属カンパニーのリハが、毎日、9時ー5時(8時間)の上に、自分の練習はその前後でやってたから、毎日、12時間くらい、つま先に乗ってました、的な。

ついでに、右足の足の裏の骨も磨耗して、疲労骨折したくらいだし、

左足も、くたびれて来て、疲弊して、神経圧迫のしびれくらい出ても、まぁ当たり前かな?

その症状を「モートン病」と呼ぶなら呼んでもいい。

(名前があった方が、便利)

という所です。  

 


 

現状は、2週間、マッサージしたり、ほぼ休んで「お大事に」ってしてたら、痛みが軽減して、

「お?行けるか?」となったけれども、

昨日、たった40秒くらいタップしたら、また歩けなくなってます。

しかも!足の裏をちゃんと地面に着けない状態で、やったから、あれしきの40秒で、膝まで痛くなったし(ひぃーん)笑 ⬅︎ダメダメ。 

インソール作りに行こう、っと、、、って感じです。

やれやれ、、、

またね〜。

りずむK 

アトランティックの限界を感じ
インソールを作りにいってみる。