日々の事、犬の事、絵日記とか、たまに、ライブについて、とか、思いのままに書きたいと思います
三日坊主のつもりで始めた絵日記、いつの間にか、4年目に突入です
何卒、なにとぞ  りずむK

  • APR
  • 9
  • 2019

ライブ速報⑤ 〜りずむKのスマイル&ローダウン〜  

...

doing the new low down

photo by Toshio Suzuki


 

私は、引退する、隠居するといいつつ、

色んな人に支えられて、

ライブを少しだけやってる訳ですが、←閉店サギっぽい。

(2ヶ月に1回とか、ほぼ趣味の領域) 

自分の「柱」としては、

1)スマイル 

2)ローダウン(ミスターボージャングルスへのオマージュ)

この2つを、ここ十数年、自分のテーマにしていて、

「この2つをなんとかできる間は、頑張ろうか?」と思ってやっている。


 

ローダウン(ボージャングルスへの オマージュ)ね、、

昔の人のステップは、すごくシンプル。

音の数も少ないし、リズムもシンプル。

シンプルなだけに、誤魔化せないというか、

誤魔化しても、ひどい、というか、

「左足だけ、奏法」が使えなくて、

毎回、できそうなステップに変えたり、

今回はだいぶ、ピアノを変えてもらったり、、

あの手、この手で やってみてるんだけども、、、、。

今回「行けるんじゃないか?」と思ったんだけど、、、、

行けなかったなぁ〜!!!!!(涙) 

こんなに、シンプルな事が、できない「片足奏法」。

くそぅ〜、、、、、。

よーし、また、ピアノをちょっと変えてもらったりしよう、、とか

自分の足に期待しないで、敦生のピアノに頼ってみたりして、、、。

をぃ!!! 

左足、がんばれ、
ねがわくば、右足も 
少しは がんばってくれ。  
photo by Toshio Suzuki


 

スマイルやって、何年目だろうか?

「りずむさんのスマイルみたいです」と言って、

何度も何度もライブに来てくださる方に支えられて、十数年。

新しい事をやる良さと、

「同じ事をやり続ける大切さ」の、

後者の方。

「同じ事をやり続ける」ずっと。

「スマイル」〜りずむK〜  

Smile
Photo by Toshio Suzuki

妖怪 スマイル。 
photo by Toshio Suzuki


 

「この2曲を、やれる限り、ライブを続ける、、、」と言ってるけども、どちらの曲も、相当、怪しげ。 笑。

「YOUは一体、どうするのさ?」って感じ。 

いつも、暖かく応援してくださってありがとう!!!

りずむK 

オレ様の、
ローダウン。(doing the new low down )

  • APR
  • 6
  • 2019

ライブ速報④ タッキー&りずむ〜僕らのForeverYoungと僕らの課題と〜

...

タッキー%りずむ 始動。


 

滝さんが「Mr.ボージャンルス」に挑戦するのは3回目。

2回目の時、ちょっと息が合ってきたのですが、、

(お? あれ?、、、って)

今回は、合わなかった〜、本当に、合わなかった。

私です、今回は私、やっちゃいました、ごめんなさい!

フレーズを迷い始めちゃって、はずし、

外せば外すほど、迷いが出て外し、

考え始めちゃって、外し、

とにかく、ちょっとも、息が合わなかった〜、ごめんなさい。

やっちゃいましたですわ〜、w。

タッキーとりずむのコラボ曲は、全面的に「これから」良くなる予定です。

私が、こと私ごとく外してく、ボージャングルス、 をぃ!!!w


 

そして、これは私が選んだ、

タッキーのテーマソング「ForeverYoung」。

みんな、年をとると、無くしてく物が多いじゃないですか?

耳は遠くなる、目は見えなくなる、

声も出なくなる、物覚え悪くなる、

物忘れは、多くなる。

頑固になっちゃって、友達が少なくなる、、とか、w。

そんな中、私は「人生の先輩」達に、ずっと前を走ってて欲しい。

先輩のおじいちゃん達が、前を走る背中を見せていてくれたら、私は頑張れる!

ずっと、かっこいい背中を、僕らに見せていてください!!!

そういう気持ちで、選ばせていただきました。

歌の練習で、私がガミガミ、がみがみ、

がみがみ、がみがみ、

くどくど、くどくど、

「心を込めて〜」とか、

「大声ださない!」とか、

「歌いすぎ!語りかけてー!」とか (←やかましいw)

ガミガミ言うもんだから、この曲を模索する経過で、私は、正式に「小姑」という称号を、タッキーから賜わりました。

まだまだですね〜。(語りかけて!!!←やかましい。笑。)

タッキー&りずむの「フォエーバーヤング」も、これからなので、暖かく見守ってください。


 

 

Forever Young
photo by Toshio Suzuki
小姑、横で、見てる。 ←見張り。 


 

タッキーが一番「アレやりましょう!!」と言ったのが、

メンバー紹介のモットー(笑)。

メンバー紹介は、ただのソロ回しなので、

過去にリハをやった事がなかったですが、

滝さんにとって、ソロ回し&アドリブが新エリアだったので、モットーの練習というか「インプロビゼーション(アドリブ)」の練習として、やたらリハをやりました。 

「モットー練習用カラオケ」なるものすら、登場しました。

(制作 敦生&りずむK)

滝さんが、ソロ回しで、自由に遊べる日を目指して、また修正して行きたいと思います。

インプロ(即興)できると、パフォーマンスの幅がすごく広がりますので、どんどんやった方がいい!!!

と、小姑が言っています。

沢山、練習したメンバー紹介の「モットー」です。

いや、これは、本当に、普通に、次あたり、慣れて良くなると思います。

なります、なります、良くなります。

これから、これから!!!

これからの、タッキーのインプロに期待してください!!!←小姑、プレッシャー(圧)かける。

your Motto ,
My Motto
という モットーの掛け合い。 photo Toshio Suzuki
 
これから、息があってきますし、
これから、タッキーのインプロに期待してください!←プレッシャーかける。


 

「島唄」はバンド全員のアンサンブル。

ギリさんのギターソロから、

滝さんの歌声とタップ。

ピアノソロ、

「すぃ!」とか言う、謎の「エイサーの掛け声」(全員)

祐聖のフルート。

「滝さんの歌声とタップ」に関して、これが多分、一番、苦戦しました。今回のライブ。

これから夏が来るみたいだし、この歌も、バンド全体で、改善していこうと思います。

すぃ!!!


 

さて問題は山積みっぽく書いてみましたが、非常に楽しみです。 

これから、諸々、良くなりますし、

うっかり、6月のチケット完売だし。 

やりましょう!!! タッキー!!! 笑

りずむK 

全員で「すぃ!」とか言う
「島唄」 
すぃ!!! ←やりましょう! という掛け声。

  • APR
  • 4
  • 2019

パラダイスカフェ改装後の快挙について。〜ワンランク大人になった僕ら〜

...

改装して
ステージが広くなった
パラダイスカフェ。 


 

年初めに改装をして、ステージが広くなったパラダイスカフェ。

横はカウンター数席削ったぶんのスペースが増えたのと、

ステージの奥行きは、20センチ増えただけなんですが、

ステージ内に居るには、だいぶ余白ができました。

わたし、リハ中に、気づいてしまいました。

「余白がいっぱいあるから、椅子を、置き放題」

ポリ「それ、なんのつもりっすか?」

りずむ「ここに椅子を置いとこうと思って」

ポリ「そこに座ってるんすか?」

りずむ「うん、自分が踊らない時、座ってる」

ポリ「邪魔じゃないっすか?」

りずむ「邪魔じゃないように居るから」

ぽり「邪魔だ〜、あぁ邪魔〜」

りずむ「そんな事ないから〜。椅子、置こうよ〜」

ここに、椅子を置こうと思って。
便利じゃない? 

邪魔じゃないすか? 
いや、邪魔っす。 



 

ほらぁ〜、椅子、あった方がいいじゃない? 

邪魔じゃないように居るし?

と半ば強引に椅子をたくさん置いた。 


 

座り放題の本番。

椅子、置き放題、最強。

誰かのソロの時、邪魔じゃないようにステージ上に居られるし、いちいち、ステージの外にはけないでいい。

はけるの面倒だしね。←犬を連れてないと、1歩たりとも歩きたくない私。

下の写真なんて、本番中のはずだけど、

1)誰も弾いてない

2)誰も歌ってない

3)誰もしゃべってもないし、

4)誰も踊ってもいない、

「なんの時間なんだこれ?」って感じだけど、椅子のおかげで落ち着き払っている。 

これは?なんの時間だろうか?
本番中だけど、やたら落ち着いてる。
誰も、何も、していない。。w  



 

ポリ、椅子を置く事に反対した割に、だいぶ椅子に座ってますし。

ファーストは、必ず、

1)私かポリのどちらかが、誰かとコラボしてるか?

2)2人とも踊ってるはずなのに?

だいぶ、2人とも着席しちゃってるのは、どう言う事だろうか?

椅子のおかげで、なんか一段階、大人になった気がします。

改装万歳!!!

all photo by Suzuki Toshio  

りずむK 

誰も、何もしてないという
大人な時間が
儲けられた。 


 

素晴らしい、大人っぷりの例。(動画)

立ってると、とかく、すぐバタバタ踊り出しガチだけど、

ピアノの敦生のソロの時、椅子があるがゆえに、

りずむ「行く?」

PORI「いやいや」

りずむ「行きなよ?」

PORI「いやいや、いやいや」

と、コソコソした相談はあったものの、

誰もガチャガチャ出て、バタバタ踊ったりせず、

どっかり座って、敦生のピアノソロを聞くという大人っぷりです。

椅子、最強! 

これ、絶対に、椅子がなかったら、

どっちか出て、ガチャガチャ踊ったりしたと思う。

  • MAR
  • 31
  • 2019

ライブ速報3〜PORIと堺敦生〜この2人無くしては、、、。

...

堺敦生

ポリちゃん
と 


 

正直、私は、この2人なくして、

この「タッキー&りずむ(仮)」はできないと思う。

ポリちゃんは、もう何年も「良き相棒」。

素晴らしいダンサーでありながら、

私のやりたい事とか、

私が彼に求めてる事をすごく理解してくれて、

それを板の上に乗せてくれる。 

常に、感謝。

photo by Toshio Suzuki


 

そしてピアノの堺敦生。 

ピアノが凄いだけじゃない。

よく「なんでも弾ける」という人がいるけど、

そういう人は、大抵は「何にも弾けなかったり」が多い中、

「本当に、なんでも弾けるんだ〜」っていう。(笑っちゃいます)

そして「なんでもできる」にとどまらず、飽くなき「サポート魂」。とか

タップの事、歌の事、他のメンバーのソロのサポート。

私の「お悩み相談窓口」みたいになってます。

どこまでも、仮に「めんどくさい」と思っても、絶対に諦めずに、良い解決策を模索してくれる、、という。

ピアノ弾くし、アレンジ考えるし、ボーカルが困ったらコーラスもやるし(ハマるしw)

堺敦生がピアノ弾く、ポリが踊る、滝さんが歌う、

「私、そろそろ、客席でいいな」とか、

「家で飲んでるから、何かあったら呼んで」とか、

で大丈夫そう、本当に。

(せめて、会場に来て、飲んでて、って言われた。敦生にw)


 

さて、そんな、ポリ&堺敦生&滝ともはる、

「テネシーワルツ」です。 

アレンジ 堺敦生。

滝さんと堺さん、30年の付き合いなので、

滝さんの事も良く解ってるんですよ、、、。

解りすぎてるくらいですし。


 

ポリ&堺敦生  Softly as in a morning sunrise  

2人とも、いい感じに気持ち悪いぞ。www

スキあらば、コーラスもやってるし、、、。
歌を、全部、覚えてるって事だ、、
おそるべし。。。。 


 

堺敦生の活動は、ピアノに止まらず、、

ただ動画を撮って「これできますかね?」と言ったらば、

「できたよ」とやってきた。笑! 

でも、本番直前に私が、

「このタップ、なんか危険な香りがするから、やめようかな、、」と言い出したらば、

「危険を回避するための敦生プラン」を提出してきて、

「タップのテンポを次の曲と同じにしておいて、

タップが終わり次第、曲に入れば?」と。

でも、リハをやる暇がなかったから、どうかな?と思ったけれど、

空き時間に、メンバーに伝えておいてくれた模様で、

「タップを頑張る」に止まらず、

タップが終わった瞬間に曲が始まる様に、

必至にキューを出してるし!!!

動画みて爆笑したけれど、全く、助かります。www。 


 

では 堺敦生のソロタップで始まる、アンコールです。

どうぞ。、、、w。 


 

私は、この姿をみて、2個、思いました。

1)「一生懸命」とは、時に恥ずかしく、滑稽に見られがちだけれど、一生懸命は、人もバンドも動かす。 

2)私、本当に、そろそろ出演しないでもいいな、、。

ポリよ、敦生よ、いつも、諦めず、力になってくれて、ありがとう!!!!

(深夜の悩み相談とか)

感謝につきる。

りずむK 

 


 

PS 私、ライブのあと、ここ三日くらい、

毎朝、山下公園に行くたびに、

公園のマダム達にですね、、、

「次もピアノはあの人?」

「ピアノはあの人じゃないと!」

「あのピアノの方、本当に凄いわー!!」

と、言われ続けてるのです。 

タップとか歌が、どっかんどっかんやってる中で、

ほぼほぼ、サポートに回ってるのに、

お客さんに「ピアノはあの人じゃないと」と言わせる堺敦生、おそるべし。

ピアノも凄いが、毒舌も私の上を行き、一生懸命さでも誰にも勝る。

尊敬と感謝につきます。www ←なぜか笑う。 

ライブ速報は、つづく、、。