日々の事、犬の事、絵日記とか、たまに、ライブについて、とか、思いのままに書きたいと思います
三日坊主のつもりで始めた絵日記、いつの間にか、4年目に突入です
何卒、なにとぞ  りずむK

  • OCT
  • 19
  • 2019

ネズミ年のお正月は「ネズミの国メドレー」かな?を制作中。〜人手が足りない!!笑〜

...

ネズミ年の 
年女の
年明けライブ、、


 

とりあえず「ネズミ年だから、お正月はネズミの国メドレーかな?」と思って選曲。

その中の1個が「アリエル」の「Under the Sea」 .  

私は、これは絶対にアフロキューバンでやりたい!!!

ああ、楽しみ!!!

とかね。

とにかく、滝さんがやるパートは、早く渡さないと行けないから、まず滝さんの宿題を決めます。


 

アフロキューバンでやりたいからには、必要なリズムがあります。

〜りずむ  Kが担当る出す音〜

1)3−2 ルンバ クラーベ (手でやる)

2)3−2 ルンバ ワウワンコのコンガのリズム (足でやる)

3)英語のラップパート(喋る)

4)部分的に、ラップの和訳パート(一部の日本語)

私の担当部署を足したのが、この動画ですが、

「アフロキューバン」に到達するには、足りてないリズムがあり過ぎる。!!!

まだ全然、足らない。

 


 

〜堺敦生の分担する音〜

1)ピアノで、ルンバに不可欠な「モントゥーノ」のリズムを弾く

2)滝さんの歌の部分のコーラス

3)ラップの英語 (りずむ と交代でやる)

4)と、通常のピアノ伴奏 

「私の分担と敦生の分担を足した感じが、こうです!!!」

と言いたいが、これでも、まだ、全然、足りてないです。

(色んなパートが、すぐ居なくなったりもする)

↓ バカっぽい、リハの音源。

 


 

私が、英語のラップの時に、クラーベのリズムが居なくなったり、 

(あれ? クラーベ居ない?)

英語のラップのスタートから、コンガのリズムが居なくなったり、

(あれ? コンガは? 居ない?)

敦生が英語のラップをやると、ピアノのモントューノが居なくなったり、

(あれ? モントューノ居なくなったけども?)

私が、日本語の和訳を挟んでると、英語のラップが居なくなったり、←英語、入りそびれるとか、

(あれ?メインのラップ、居なくなったけど????)

そして、、更に、、、

そもそも、はなから「カスカラ」のリズムを叩いてる人が居ない!!!

もう1個の重要な、ルンバに不可欠なリズムの要素の「カスカラ」は、人が足らなくて、鳴ってないません。

(カスカラはPORIに頼もうと思う。)

ちなみに、カスからが鳴ってると、こんな感じです。

(動画に写ってない方の、ボールペンで叩いてる方が カルカラのリズムです、大事です。欲しいです。やってください!!!)

 


 

こう言う事をやってると、

だいたいPORIちゃんは、こんな感じで言うであろう。

「先輩たち、何してんすか? 落ち着きましょう?」とか、

「僕、、、りずむさん、先輩ですし、超尊敬してますけど、、、、たまに、この人、本当にバカなんじゃないか?とか思うんですよね、、」とか、

そう言う事言います。PORIちゃん、そう言う事言う。

まあ、言うだろうね。

明らかに、人手が足りてなくて、様子がおかしい。

もう一度、どうぞ、、

「すぐ、色んなパートが居なくなる、ルンバのグルーブでやる(予定の)アンダーザシー」です。(のラップ部分) 


 

でも、この曲は、

滝さんが歌を歌って、

その他のパートを、みんながちゃんと「居なくならずに」やって、(ルンバのグルーブが完成して)

あと、ぎりさんのギターと、和田さんのベースも入れば、

みんなの手も、だいぶ「手すき」になるし、余裕も出て、

超楽しい曲になる、と言う予感しかしません。

多分、すごい楽しい! 

(私がアフロキューバンが好きすぎるだけかな?、、、)

でも「カリブ海のお魚の映像とかが、見えてくる」くらいにはなるんじゃないか?とかね、

アリエル(人魚姫)は見えてこないでいいのか? とかね

ネズミの国の曲、楽しい。

あ、そして、今日の本題である「滝さんがやるパート」がちゃんと決まったし、宿題をがっつり渡したから、大丈夫です!!!

大丈夫ですよね?滝さん!!! 

(大丈夫でーす。 ←滝さんの声 ←小声)

りずむK


 

PS この曲の、ディズニーの和訳が「直訳」すぎてひどいので、日本語は私が書きました。 

まあ「日本語の意訳」的には、主に「鯛やヒラメが舞い踊る」です。笑

ネズミ年の女が贈る
ネズミの国メドレー制作中。 

  • SEP
  • 30
  • 2019

ライブ速報 私がエゴを捨てた時。〜「ミスターボージャングルス」〜ヘザーの教え。

...

タッキー&りずむK 


 

そもそも、このコラボ企画は、この曲から始まった。

滝さんが、私とゆうきの「ミスターボージャングルス」の動画を観て、

「私もぜひ、この曲に挑戦してみたいです」と言ってくださったのが、事の始まり。 

そして、昨年の8月から、ずっと1年間のコラボライブが続いた訳です。

ずーーーーっと苦戦しています。

ズーーーーーーっと迷走しています。

ズーーーーーーーーっと「息が合わない」みたいな。


 

ここで登場するのが、私がNYに居た時に所属していた「Manhattan tap」のディレクターです。 

ヘザー コーネル。 

私は、Manhattan tapと、ヘザーには、

本当に多くの経験をさせてもらった。

そして、学んだし、成長したと思う。 

「天才」と言われたディレクターのヘザーは、言うことが、大抵、めちゃくちゃなので、みんな、彼女の背後から石を投げたくなります。

(ちょいちょい、投げたくなります。石。 笑)

例えばですね、

1)いつも、1日に、3曲くらい、振り付けを覚えさせようとする 、とか

物凄い、緻密に作られた、くどくどした振り付けを、3曲いっぺんにやるとか、 (ヘザーの背後からの、投石1)

2)1日に、3曲はまだしも「6人分のパート」を全部、一度に覚えさせようとする、とかですね、

いや、とりあえず、自分のパートを覚えてから、他のパートもできるようにするから、待ってよ、、とかね、、

全員が、全てのパートをできた方が、ディレクター的に便利なのは、解るけど、ちょっと待てぃ!!! とかね、、(ヘザーの背後からの、投石2)

3)「今、覚えてる」と言う時に、やたら「ダナミクス!!!」と叫ぶとかね、、、

今、覚えてるんだよ、、って時に、常に、ディレクターとして「完成系」の良い奴を観たいから、やたら「ダナミクス!!!(抑揚!!)」と叫んで来る、みたいな、、、とか

「ダイナミクス!(抑揚がなっとらん!!!)」←音楽的な抑揚もだし、感情の抑揚も、

「ダイナミクス、ダイナミクスやかましいわ!!!! 」ってなるとかね、、www (←ヘザーの 背後からの 投石の嵐)


 

そんな愉快なヘザーですが、当然、要所要所で、大事な事を言います。

その教えの中で、私が、今でも、確実に心に止めてる事があります。

1)don’t  deny what the audience thinks (or say)   

「観客の感想とか、感情を否定するな」 

私は、物凄い、未熟な段階で、誰もが「りずむだけはあり得ない」と思ってる時にツアーメンバーに入った。

だから、毎日が失敗だし、毎日、凹んでたし、毎日、自己否定、みたいな。

毎日、本番の後に「レセプション」と言う、お客さんとロビーでの歓談の時間があるのですが、

例えば、お客さんが「素晴らしかった」と言うことに対して、「ありがとう」と言えなかったりした私。

If the audience think it was great,  it was great to him(her) , whatever you think it  was.  

お客さんが、素晴らしかった、と言ったらば、私自身がどう思っても、それは、お客さんにとって、素晴らしかったんです。

if you deny and say things like ” Oh, it wasn’t good ”  then the audience would feel sorry and stupid.   

お客さんが「良い」と言ってるものを、演じた本人が「悪い(最悪)」とか言うと、お客さんが「え?私、間違ってたの?ばか?」と思ってしまう。

being humble is one thing,  denying audience is another , remember that .  

りずむが謙虚である事は、良い事だけど、お客さんが思った事は否定しないように。 ショーの感想は、観た人が決めるものです。(それを、演者が否定するな!)

と、


 

そして、もう一個は、むしろ、真逆な事。

さっきのが「謙虚な私」へのダメ出し、だとして、

こちらは「横暴で奢ってる」私へのダメ出しです。 

2)when you play , right doesn’t always right .  

「演奏する際、演じる際、正しい事が、正しいとは限らない」

往往にして、一番下手だから、一番、練習してた私。

しかも、日本人、一番、真面目。

一番、覚えてるべき事は、覚えてるし、一番、間違わない。

ある意味「常に正解」を指し示す。(と思ってる) 

don’t manipulate it !!!   

強い強制力で「私が合っている!!!」と言う主張をしてしまう私は、

「バンドも、も共演者も、りずむが操作しようとするな!!!」と言われた。。

when you play, you are playing with people, so more often than not, right doesn’t mean right . is the thing.   

人と一緒に演奏し、人と一緒に演じてるのだから、

「何が正しいか?誰が正しいか?」よりも、もっと大事な事は「人とやる」事であり、「何が正解か?」ではない。

So if you are NOT TOGETHER , drop your ego . 

人と「合わない」と感じたらば、自分の方の「エゴを捨てろ」。そうすれば合うから。 


 

ここです!

滝ともはるさんと演るにあたり、私がずっと考えてた事は。

このヘザーの言葉です。

if you are NOT TOGETHER , then drop your Ego !

滝さんと私が合わないのは、誰か?一方のせいではあり得ないんです。 

二人で演るのだから、二人で歩み寄らないと、

本来、「私のボージャングルスは、こうあるべき」とか、

本来、「後半のエックスタイムは、フリーであるべき」とか

本来、「理想的には、後半のエックスタイムは、インプロ(即興)であるべき」とか

そんな事が大事なのではなく、滝さんが作ろうとしてる世界に、私は少しでも寄ってるか? です。

滝さんの歌を聞いて、私がそれに、歩み寄ってるのか?

滝さんがやろうとしてる事が、解ってるくせに、それを否定したりしてないか?(してるし、、)とか

「私はこう演りたい」よりも「滝さんの歌に応えているか?」です。 

ずっと、ヘザーの声は聞こえていたのに、本当に、自分のエゴを捨てて、滝さんの方向に向かってみよう、と思って演ったのは、この1回です。 

時間、かかったね〜。笑

結局は、私が時間かかったんです。 

そして「息」、合ったじゃないですかぁ〜。。笑

やっぱ、私が悪かったんですね。 

ヘザーコーネル。バカと天才は紙一重で偉大なり。 

9−17 私がエゴを捨てた時の「ミスターボージャングルス」です

どうぞ。 

 

 



 

私、ようやく自分のエゴを捨て、

滝さんに、歩み寄り始めたように思います。

タッキー、時間かかって、すみません。笑

これからもよろしくお願いいたします。

りずむK 

Live photo by Toshio Suzuki  

 

ミスターボージャングルス
二人で。 

  • SEP
  • 21
  • 2019

ライブ速報④ マイディア「愛する君へ」、、、。〜サブローは逝った。〜

...

愛する君へ、、、


 

前にも、この曲について書いたことがあります。

「My Dear」(マイ ディア)。

私はNYから帰国して、バンドをやりたかった。 

そして、NYという街に受け入れてもらった後は、

今度は、日本という国に、受け入れてもらわないとならない。 

30歳にしてバンドを組んで、1からやり直しだ。 

NYでの時間と経験もあるから「ゼロ」ではない。

だけど、1からやり直しだ。 

1)ストリートで演奏 

大人気なく、オーディションで、駅ナカで演奏する権利を入手して、東京駅とか上野駅でライブする。

2)バンドコンテスト オーディションに参加

10代とか、二十歳そこそこの子達が出てる、バンドコンテストに参加して、大人気なく、入賞したり、優勝する。w


 

そのバンドオーディションの1個で、出会ったのが、

「スーパーラブトラップ」というバンドのサブロー&アイビーで、彼らが、その時に演奏したのが「My Dear」だ。

結果は一位が「コネ入社」的なバンド。(なんか、主催者側の人間)

2位が「スーパーラブトラップ」

3位が、私たち ←タップダンスは「バンドオーディションでは、飛び道具。

他が「力の無い若者」だったので、順当だったし、私とサブローとアイビーはすぐに仲良くなった。 

それ以来、私は、ライブで「マイディア」をやり続けて来た。ずっと、やり続けてきた。 


 

そして、私がジストニアに苦しみ、脳のオペに失敗し、

脳のオペの後、右足が動かなくなって、

もう引退を考えてる間に、

サブローは死んだ。

30歳そこそこの若さで、サブローは死んだ。

白血病で、サブローは死んだ。

またか!!!!!!

またか?????????

私は、やたら病気をして、

1個治っても、また次に病気をして、

また治っても、治らなくても、次々に病気をして、、

ずっと応援してくれてる人が、

すっと「りずむ、待ってるよ!!!」と応援してくれる人が、私よりも、先に逝く。

またか????????

悔しいです。

本当に悔しいです。


 

私は、今までもずっと、言ってきたけど

「神様は、乗り越えられる人に試練を与える」とか

「りずむちゃんは、神様に、生かされてる」とかの

陳腐な神様の言葉を、すぐ口にする人が大嫌い。

(そして、その陳腐な言葉を、言う人は、意外と多い)←良かれと思い。 

本当に大嫌い。

どこの神様だ?

なんの、宗教だ?

そんな試練、いらないし!!!!

励みにもならないし!!!!

やかましイィわっ!!!

って思う。

だけどね、そんな私ですが、ライブでこの曲をやる時は、感じる。

サブローが残したこの曲を、

お客さんと1つになれる、この曲を、

お客さんに「頑張って!」って伝えたい、この曲を、

ライブで「サブロー、マイディアやるよ!」と思う時、

そして「この曲で、お客さんを元気にするよー」って思う時、

「私は、生かされてる」と強く感じる事がある。

言葉にすると、やっぱり陳腐だけども、、、、

私は、ライブで生かされている、、、と。

マイディアと言う素敵な曲で、ライブが生きている、と。

生きてるから、ライブを演る、と。 

お客さんを、元気にしたいから、ライブを演る、と。

そして、お客さんを笑顔にしたいから「マイディア」演る。 

その時、私は、生きてる事を感じる。

大きな病気をしても、

次々に病気をしても、

ちっとも死なないし、

きっと、そう言う奴ほど、えらい長生きをするであろう私は、

苦しいけれど、生きている。

そして、きっと、生きてることは、みんな苦しいのであろう、、と

生きてる事を感じる。 


 

私は、生きてるよ。

そして、お客さんも、頑張って、生きてるよ。

そんな、お客さんに、光よ届け、

愛する君に、光よ届け、 

「集まれ まれ、君が歩むその道、

集まれ まれ、暖かな光よ、、、、。」 

それが マイディア と言う曲です。 

サブロー、今日も、行くよー!

マイディア。


 

そして、これもずっと、言ってるけど、

私は、ジャズ畑の人が演る、Jポップが大好き。笑。

マイディアは、ものすごい単純なコードで、ものすごくシンプルだけど、

それを、こんな大ベテランたちが、

一生懸命に演奏して、

一生懸命に歌い。

一生懸命にコーラスを演るのを聞いてるのが

非常に、微笑ましく、

そもそも「バンドやりたい!」と言う私は、

その瞬間、幸せです。笑!

(みんなで、演ってるなぁ〜とか)

ピアノの堺敦生とか、あんなに、なんでもできる人が、

ピアノだけなら、まだしも、

コーラスで、ボーカルを、支えてもらって、

私が、サビは「モントューノ弾いて」とか言うから、

「え’’? モントゥーノ???!!!」とかなって、

サビは、立ち上がってピアノ弾いちゃって、

モントゥーノとコーラスで大忙し!!!

とか、非常に、微笑ましいし、

そんなに一生懸命に演奏してもらって、私は幸せだし、

お客さんと一緒に、私も笑顔になります。笑!

注)モントゥーノは、ラテン(サルサとか、チャチャとか、メレンゲとか、カリプソとか)のジャンルに、不可欠なピアノのパターン。

「モントゥーノ」=「マウンテン」=「山」です。

あれこれ、全部、頼まれる、堺敦生。www



 

「私は、生かされています、、、」はやっぱり嫌いかな。

私は、生きています。

「光よ、届け、愛すべきもの全てに。

 光よ、届け、君の元へ、

 僕の元へ、

 愛する人へ、

 愛する君へ。」

(word  バイ IVY)  

りずむK

愛する君へ、、、

live photo by Toshio Suzuki

  • SEP
  • 19
  • 2019

ライブ速報③ 幻の名曲「メルセデスベンツ」←ジャニスですw

...

素敵な 先輩たち。


 

私が、お客さんのテーマソングに選んだ「メルセデスベンツ」。

お客さんの反響は、

「りずむさんが書いたの?」とか

(そんな事ありません!!!笑)

譜面台に歌詞が貼ってあるの見て、

「本当にあるんだ?この歌?」と言ったり、

たった一人「ジャニス!!!」と叫んだ人がいたりして、、、。

神奈川県にお住いの「土田さん」、正解です、笑。

ジャニス ジョップリン!!!! 


 

私が「幻の名曲」と思っている、この「メルセデスベンツ」。

ジャニスは、これを1回歌って、録音して、その三日後に死んでいる。 

ずっと前から、やりたい曲だったけど、

ジャニスの歌を聞いてるだけで、タップが自然に湧いてくる的な?

でも「普通の歌が上手い人」程度が、やっちゃダメなやつです。 

ソウルフル、っていうか「魂が全て」というか、、、。

そして、このプロジェクトをやるうちに、

あるいは?

滝さん、ぎりさん、和田さん、敦生の年輪とか、

そこまでの「ライブ本編の、演奏の素晴らしさ」を考えたら? 

この方たちならば、やっても良い感じになるかもしれない?

と、思ってしまったんです。

歌が、上手いとか下手とかじゃなくてね。


 

そして、歌詞の内容から、

「お客さんのテーマソング、にしよう!」と思った訳です。

毎日、頑張っている、お客さんに、ご褒美ちょうだい!!! そして、お客さん、明日から、また頑張って!!!

という、お客さんへの、応援歌です。

(フロム タッキー&ぎりさん&和田さん&敦生) 

タップが湧いてくるは? とか

りずむは、何をするのさ? とか

良いんです、良いんです。

他のみんなが やってくれるから、良いんです。


 

オリジナルの歌詞は 

1番)主よ(神様) 

毎日 コツコツ頑張ってる私に、

そろそろ ベンツとか 与えたまえ 

2番)主よ(神様) 

そろそろ、テレビの懸賞くらい、当ててください。

我に、カラーテレビを与えたまえ。

3番)主よ(神様) 

私は、主を、信じています。 

夜の街で、良い事あっても良いじゃないですか? 

「あちらの方に、ドリンクを」とか

素敵な事があってもい良いじゃないですか? 

主よ、我に、ご褒美を、与えたまえ。 アーメン

という感じです。 笑 


 

さて、改めまして、

チーム「タッキー&りずむ」がお客さんに贈る、ご褒美ソングです。

どうぞ、、、


 

滝さん、ぎりさん、和田さん&敦生より、お客さんに愛を、、、

アーメン 笑 

(photo by 鈴木敏夫 )

お客さん、頑張って! 



 

オリジナル?

そろそろ知りたいですよね?

私(りずむK)が書いてません! 

ジャニスです。

ソウルフルです。

凄いです! 

真似しちゃいけません。 笑

では、どうぞ! 

ジャニス ジョップリン !!!


 

この歌を、思い切って、やっちゃってる僕らの勇気も、褒めてあげてください。 笑

(基本、私が、ビビって、やめる事が多いです)

では、お客さん!! 

今日も元気に、行ってらっしゃい!!!

りずむK 

all live photo by Toshio Suzuki