日々の事、犬の事、絵日記とか、たまに、ライブについて、とか、思いのままに書きたいと思います
三日坊主のつもりで始めた絵日記、いつの間にか、4年目に突入です
何卒、なにとぞ  りずむK

  • APR
  • 29
  • 2018

「落書き」に関する一考察。〜我が家の壁画より〜

...

ガーデンベアと私。


 

「落書き」に関する一考察。〜我が家の壁画をやり切って。〜

結論から申しますと、

「こうなる故に、落書きは、そもそも、してはいけない。」

〜我が家の壁紙のケーススタディ〜

1)コーヒーのシミが気になる。

2)シミが気になるから「絵」にしちゃえ!!!

3) 「えいっ!!」←気合い。とか、

注) そもそもの「シミ」は、写真の「縦の線」だけだった。

 

左) オリジナルのシミ
右) シミをポスカでなぞって、クローバーを描いてみた。 


 

4)なんか、物足りない?と思って「付け足す」

(クローバーの周りに、点々、点々とか)

5)「ぎゃあっ」ポスカ、垂れた。

まぁ、いっか? アートと思えば、、とか

付け足したし、
ポスカ、垂れてきた。 


 

6)シミが気にならなくなった事に気をよくする。

7)そして、思い切って、ポスカで描いた事で、気持ちが大きくなる。

8)1個描いたから、2個もなじか?とか、思ったりして、

「横浜中で、よく散歩中に出会う、ガーデンベアを描いてみようかな?」とか思ってしまう。

描いちゃったのね。 


 

9)思いの外、部屋の雰囲気がよくなった事に、気をよくする。

10) もう1個、ガーデンベアを描いちゃおうかな?とか思う。

「もう描いちゃったから、1個も2個も同じだよね?」と思う。

2個、描いちゃったし。
2倍の、大きさだし。 
キューが 、すごい睨むし。 


 

11)2個目のガーデンベアを、ちょっと失敗して、悔いが残る。

12)2個目の「大きい方」が失敗してる所が、気になるから、

「もっと、大きいのを描いたら、小さい失敗は気にならないかも?」とか思ってしまう。

2個目の失敗を、「小さい失敗」にするために、
もっと、大きいのを描く。  



 

かつて住んでいたマンションで、こんな事がありました。

1)どこかの部屋でリフォームをしていた。

2)リフォームの期間(1ヶ月ほど)、エレベーターが養生されている。

3)誰かが、その「養生」に「ぱるる」と大きな文字で落書きした。

4)その落書きを見た私は、

「あ、このシート、書けるんだ?私も描きたい!!!」と思ってしまった。

5)しかし「落書き」が成されると同時に、

「落書き禁止」の張り紙が貼られた。

この「落書き禁止」の張り紙がなかったらば、きっと、

私と同じように、「僕も、私も、描きたい」とか、

「誰か、描いてるから、描いていいんだね?」とか、

「一人、描いてるから、二人、描いても同じ」とか、

「赤信号みんなで渡れば怖くない」心理が働いて、

エレベーターの中は、荒れ果てたりした事でしょう。

NYの地下鉄がかつてそうであった様に。

そして、今、日本の電車や、公道や、公共の施設で、

ひどい落書きが成されている様に。

あれと、同じです。

放置自転車のカゴに、ゴミが1個、入れてあると、

その自転車のカゴは「ゴミを入れていいカゴだ」と思われて、

他にも、自転車が山ほどあるのに、

その1台だけ、やたらに、ゴミを入れられる。

あれと、一緒です。

故に、

「落書き」に関する一考察

結論)そもそも、落書きとは、してはならないものである。 

私は、この論文を描くための、ケーススタディーとして、この1週間、真剣に落書きに取り組みました。(←嘘だね)

りずむK


こうなるから、
落書きは、
そもそも、
やめましょう。 
りずむK

  • APR
  • 27
  • 2018

ガーデンベアは、非常に精神衛生上、よろしい。

...

左) 久太朗
右) マメ太


 

昨日の、夜中から、

手にメジャーを持って、

「60センチはこの大きさかぁ」とか思って、

壁を眺めてる時点で、怪しかった。

そして、増えた。

描く直前に、ビビって、30センチになった。

1個目のガーデンベアは、15センチ。

2個目の今日のは、30センチ。 

ガーデンベアの公式の大きさは、60センチ。

(でも、臨機応変に大きさが変わるらしい)。

とりあえず、今日のは、頭を盛りすぎた。

多分、一番下の、赤いバラが、間違え。w

頭、盛りすぎたし。



 

「何が、精神衛生上、いいのか?」って言うと

なかなか、こんなに、

持ってるポスカを全色、使えるキャラクターいない。

部屋が、ものすごく、華やぐ。

写真より、想像以上に、

彼がいるだけで、部屋がやたら華やぐし、

見る角度によって、彩も違ったりして、心が穏やかになる。


 

ただ、今は、

2個目のベアの、

頭を盛りすぎた事と、

色が鮮やかすぎる事が、

とても、気になっている。

乾いてから、考えようか?

1回、乾いてから、考えようか。

あぁ、一番下の、バラが余計だなぁ、、、気になる!!

りずむK

ガーデンベア、増量中。
りずむK

  • APR
  • 25
  • 2018

ウチの壁紙の行方、、(雨のバカ!!!)。あ〜ぁ。。。

...

あ〜ぁ。。。。


 

もう、どうにも、止まらない。

やり出したら、やりとげるしかない。

横浜市のキャラクターの、「ガーデンベア」でーす。

この時点では、「なんか行けるかも?」と思ってしまった。

この時点では、 
行けるような気がしてきちゃってた。 



 

もう、やりとげるしか無いんだけども、

なんか、どんどん、汚くなってきたから、

1回、落ち着こう。

1回、寝かそう。

「ソファーに、ポスカが垂れてる問題」も勃発中。

りずむK (ぎゃあ) 

我が家の「壁画」。

これ・? どうするの? (久太朗)

いいじゃないですかぁ・・・・・(マメ太)

  • MAR
  • 24
  • 2018

1年ぶり絵日記「布団に挟まる美人画」〜モカちゃん〜

...

モカちゃん。


 

本日は、わたくしの(坊ちゃん達の)、

日々の「お散歩のご学友」を紹介したい所存です。

ダックスのモカちゃん。(3歳の女の子)

トイプーのエピちゃん。(3歳の女の子)

 

モカちゃんでーす。

エピちゃんですーす。 


 

みんなでボール遊びなどをして、

「協調性?」とか

「正々堂々?」とか

時には「人を出し抜く?」とか

「切磋琢磨?」する素晴らしさとかを、学んでいます。

「仲良きことは、美しきかな」とかも学びます。

彼らは、全員、見事なきつね色につき

「唐揚げフェス2018」(仮)と命名されました。

「唐揚げフェス2018」(仮)のメンバー。
手前から
モカ、
マメ、
キュー、
エピ。
ピッチャー)りずむK。


 

1年間、絵日記を描いていなかった私。

突如「絵日記魂(だましい)」に火がつきました。

火はついたのですが、ダックスを初めて描きます。

「モカちゃんは、長いんだよね〜」

「モカちゃん、色々、長いね〜」

「モカちゃん、首も、伸びるんだよね〜」

とか、言いながら、描いてると「長い、長い、長い」と言うイメージだけが先行して、顔をやたら長く描かれちゃった、モカちゃん。

相変わらず、写真をよく見ないで、

「頭の中のモカちゃんイメージ」だけで、

楽しく描いています。

「そんなに、顔が長くないわ!」(モカより)

 

「そんなに、顔、長くないのよ!」
(バイ モカ)


 

気を取り直して、

「自分で入った布団から、出られなくなったモカ」。

「布団に挟まったくせに美人w」

前回より、短く、短く、、、

「思ったよりは短めに、、」と思ったけれど、

やっぱり、まだ長め。

「布団に挟まる、美人画報」。

布団に挟まって出られない「美人画報」。

「美人画報」。
(顔、長め)


 

ところで、久太朗は、今年10歳になろうと言うのに、

3歳の女子達に囲まれて、日々、浮かれ放題。

大人気なく、ボールを全部、取って来ちゃいます。

「キャバクラで美女に囲まれて、羽目を外すおじさん」さながらです。

あるいは、

ニコるんとのデートを夢見て「20キロダイエットした梅沢富美男」さながらの久太朗。www

「浮かれジジィ像」。(久太朗)

若い子と遊ぶのが、若さの秘訣かもしれません。

エピちゃんが、摂りたいボールを、
全部、取って来ちゃう、久太郎。


 

絵日記の「モカちゃんチャレンジ」はつづく。

そして「唐揚げフェス」に欠かせない、

「のり弁」部分の「海苔のJ君」もいます。

J君は、海苔らしい風格を漂わせています。

J君の風格については、また今度。

りずむK

 

「布団に挟まる、美人画」w。
りずむK