眼瞼けいれん、ジストニア治療の道のり

私自身が10年間、苦しんだ、
「演奏家に多い」と言われる病気の、手術と治療について記しています。

3月14日「左をオフ」したら、右足が通常営業。

...

2月の27日以来、左のペースメーカーを切っています。

(29日に、左のペースメーカーは摘出)

それ以来、初めて、動いてみた。

先生たちは「足に影響が出るの?見たことないなぁ〜」と言い続ける。

※ これだけ、はっきりした影響が出てます。

※ 左をオフにしたら、「右足に力がみなぎっている」みたいな。

「力がある、右足の模様」↓↓↓


 

 

近々、タップをやってみようと思うけど、多分、右足は「超正常」だと思う。

問題は「先生たちが、足への影響を認めない」という事。

1、「足への影響」の可能性を認めてもらわないと「次どうするか?」決められない。

2、私はやっぱり、目は治したい。

3、以前の様に、ほとんど見えていなくて、常に頭も痛くて「ライブとかをやり続ける」というのは、もう考えられない。

4、きちんと、色んな可能性とリスクを両方納得した上じゃないと「次どうするか?」提案されても、何も「同意」できない。


 

 

あと「もう1度、左のペースメーカーを入れる」というのは、多分無理と思う。(自分自身と向き合った、憶測)

※ 2015年に、最初にペースメーカーを入れた時「2週間は痛いと思います」と言われたけど、激しい痛みが、落ち着くのに、半年かかった。

※ やっと半年経過して、ペースメーカーが胸に落ち着いて、7月からヨガを始めた。

※ そして、年末年始の入れたり出したりで「身体が抵抗してる」と言われたけど、最初だって、相当身体が抵抗して、半年たって、やっと受け入れたと思う。

※ 今の傷が完全に良くなって「3ヶ月くらいしたら、また左を入れ直す事もできます」と言われたけど、もう、入らないと思う。(今回と同じ事が起こりそう)

月末の診察までに、電気の流れてる足と、流れてない足と、目の調子を良く、良く観察して「次へのステップ」を考えたい。

りずむK

通常営業の足、強っ!!!w

ビクともしないぜ、けっ。w

やれやれ、どうしようぅ、、、。

シェネ
2年前

こんにちは。 うーん、こちらで詳しくは書けない、、書きたくない意気地無しの私ですが、先生たちの反応、よく分かります(^^;; リズムさんがおっしゃる通り、自分を自分で良く観察して、先生に伝えて少しでも良くなるように関わっていくしかないですよね。 それにしても、身体柔らかいですね! さすがプロです^ ^

Rhythm K.
Owner
2年前

全然、意気地なしじゃないです。先生たち、束できて、威嚇するし。私は、自分の人生だから、「足に影響?そんなの聞いた事ないなぁ〜」とか、言い続けるなら、実際にこれだけ影響が出ている、という事を聞いていただきたいだけ?みたいな感じです。

Rhythm K.
Owner
2年前

自分メモ。やっぱり、改めて「電気の身体への影響の強さ」を感じる。今日まで、3ヶ月、食べて寝てただけ。(入退院ばっかり)。お散歩も行ってない。それでも、そもそも筋力はそんなに無い(自分の身体を支える程度)←十分。3ヶ月ほぼ寝てたのに、電気を切ったら、「足の力強さ」に驚く。力を入れれば「グッ」っと力が入るし、ブレない。自分の身体を扱うのに、そんなに筋力は必要ない。ただ、その力すら、電気で抑えられている。という事だ。