眼瞼けいれん、ジストニア治療の道のり

私自身が10年間、苦しんだ、
「演奏家に多い」と言われる病気の、手術と治療について記しています。

7月14日〜15日 眼瞼下垂&眼瞼痙攣のオペ

...

 

松尾先生による、眼瞼下垂&眼瞼痙攣のオペです。

私の場合ですが、初診の時に

1、上瞼は下垂がみられる&下瞼が痙攣を起こしている、という診断。

2、それにより、上下の「眼瞼」を共にオペするコトが決まっていた。

〜オペの進行〜

1、麻酔のクリームを添付

2、麻酔の注射

3、下瞼から開始(ミューラー筋をだいぶ緩める)

4、上瞼(ミューラー筋の破損などの修復)

という予定でした。


 

ブログや「ジストニア手記」のあちこちで、コメントや質問をいただきました。

※ 瞼の上下両方やるかどうか?→先生の診断しだい。

※ 上下両方を同じ日にやるのか?→オペの進行しだい。です。

※ でも、私のオペの結果を見る限り、両方一緒はやらない方が良さそうに思います。

〜私の場合〜

※ 下瞼から開始。(1時間程度)

※ 上瞼を開けてみたら、予想より遥かに欠損していた。

※ 結果、オペの時間(1時間半〜2時間程度の予定)が大幅に長びく。(3時間)

※ 結果、麻酔を予定の倍近く、使用。

※ 麻酔がある程度「効いている」と、目が開きます。(脳からの刺激が緩和されるから)

※ しかし「麻酔が効きすぎている」と「瞼は完全に麻痺」(麻酔で目が重たくて、開かない)

※ 「今日はこれ以上、判別不可能」となりました。

「麻酔が効きすぎていて、目が開けられないので、ミューラー筋の処置がどこまで、行き届いたか、解らない。」という状況です。


 

そして今日の診察。

※ 上のミューラー筋(左右)と左の下のミューラー筋は、もう少し、処置が必要。

※ 腫れが収まってからでないとできない(男性は、ほぼ腫れないそうですが、女性は腫れやすいそうです。)

※「従って、来週、再び続きを、、」となりました。

※ ミューラー筋の大切な処置はほぼ終わってるので、短時間で済むそうです。




 

〜オペ後の注意〜

※ 絶対安静(目をできるだけ、閉じている)

※ 冷やし続けるコトによって、出血と腫れをできるだけ抑える。

※ 安静は、オペ後16時間のみ。

※ その後は、積極的に目を使い、血行も良くするコトで腫れが落ち着く。

 

オペ、翌日の新幹線、道中。
積極的に目を使って、ブログを書いています。


 

〜眼瞼下垂&眼瞼痙攣のオペ前の注意〜

オペ中の先生と助手さん(先生の娘さん)の会話より

※ 「シナール」と「トランサミン」を服用してると、出血がすごく抑えられる。

※ シナール&トランサミンは市販の「トランシーノ」の病院で出すやつで、シミを消す薬みたいなヤツです。

※ 私は、初診の日から、ずっと(約1ヶ月)服用していました。

 結果、出血がもの凄く、少なく済んだそうです。

※ オペ前に必ず、服用していると、先生は助かるようです。


 

もう1個

「眼瞼痙攣」のトリガーとなるのは「二重の手術」(埋没方)の糸が原因となるコトが圧倒的に多いそうです。

※ 埋没方をやって、5年〜10年、経過する。

※ 埋没方で使った「糸」がミューラー筋を傷つけたり、ミューラー筋の働きを邪魔して、痙攣が始まる。

※ 結果、目を開けるコトに凄くチカラが必要になったり、変な筋肉が発達する。←曖昧。

※ 埋没方を過去にやった方は、先生にそのコトを事前に、必ず伝えた方がいいです。

※ 先生は「埋没方の糸」が「眼瞼痙攣のトリガー」になるコトをダイブ訴えて来たけど、否定され続け、最近「認知」され初めてるそうです。

※ ボトックス打ってる&埋没方やってる先生が、同じ「(美容)形成」の先生というのが皮肉。

※ 「埋没法」を施術。→数年後「眼瞼痙攣が始まる」→ボトックスを注射。みたいな。

松尾先生の説が正しいならば、すごい皮肉です。

松尾先生の「眼瞼痙攣」の患者さんの、ほとんどが「埋没方」を過去にやっていたそうです。 

先生は「埋没方」をやって、数年後「眼瞼痙攣」を発症した患者さんのオペばっかり、毎日やってるよ。ヤレヤレ、、、。

と言っていました。


 

備考1「両側顔面神経支配」について。

※ 私は、幼少期から、相当、練習をしたけど「ウインク」ができない。

※ 普通、顔の神経は、右だけ、左だけと、バラバラに動かせるはず

※ 私の様に、片方の目をつぶると、両方閉じてしまうのは「両側顔面神経支配」という。

※ 両側顔面神経支配は治らないけど、そのせいで、左が悪くても、右が悪くても「どっちも悪い」感じになる。

※ 色々テストした結果、今現在、ミューラー筋をもう少し処置しないといけないのは、左の下。(左の下がかなり、痙攣を起こさせている)

※ 松尾先生ご自身は、「片側顔面神経支配」です。(気になったら、聞いてみて、見せてもらって下さい)


 

備考2「松尾先生について。」

※ 先生は、多分、声が凄く小さい&滑舌が悪い&語尾がはっきりしない&話すのが速い。の4つの全部です。

※ ほとんどのセンテンスが、文章の「冒頭」だけしか聞こえない。

「あなたの場合は、、、、、、、、」

「顔面支配は、、、、、、、、、、、、、、」

という感じで、肝心なコトは、何も聞こえないです。

※ メモを取ろうとすると「コレ」あげますから大丈夫」と言います

「コレ」とは、、↓

 

「コレ」です。

「コレ」をもらっても、かなり大丈夫じゃないです。w

※ 自分でメモして、先生の言うコトを書くフリして、聞き返した方がいいです。

※ 全然、気を悪くせず、私が、メモをとれるように、ゆっくり話してくださいます。

※ その他の、注意事項とかも、全部、聞き返すのは、私だけでしょうか?

聞こえなかったり、聞き取れなかったら、絶対、毎度

「すみません?」と聞き返した方がいいです。

※ 看護師さんは、多分、聞き流してる。

※ 助手さんは、娘さんなので、相当、先生のしゃべりに慣れてる。

です。

つづく、、、、りずむK

エス
2年前

麻酔が効きすぎると難しくなるんですね。知りませんでした。 りずむKさんの説明で色々分かってきました。ありがとうございます! 備考2先生について、も、すごく分かります!まさにそんな感じですよね。思わず笑ってしまいました。 私は聞き返さない事の方が多いので想像で理解してましたが、これからはちゃんと聞き返そうと思います。

Rhythm K.
Owner
2年前

エスさん、私、全然、わからなくて 「え? あなたは??なんですか??」「え??眼瞼 なんですか??」って なっちゃったから、メモとります。って言ったら、何かとスムーズでした。笑